ブログ

ガス給湯器とエコキュート、電気温水器・・・給湯器って、どれがお得?

ガス給湯器 エコキュート どちらが得か
お風呂を沸かしたり、料理や食器洗いで使うお湯をつくるための給湯器。

ガス給湯器、エコキュート、電気温水器・・・お得なのはどの給湯器なのでしょうか。



ネット回線 キャッシュバック

  導入コストを抑えて交換したいのであればガス給湯器か電気温水器!

初期費用を抑えて交換したい場合、ガス給湯器や電気温水器がオススメです。

ヤマダ電機やエディオン、ビックカメラなどの家電量販店ですと、
ガス給湯器は約15~18万円、電気温水器は約33~35万円ほどで
工事費込みで販売されています。

横田電設でも、ガス給湯器は10~15万円、電気温水器は30万円ほどで
導入できることが多いです。

※メーカー、機種、時期や在庫状況により異なります。

給湯でかかる光熱費は、年間約8万円~9万円ほどです。

  毎月の光熱費を抑えたい場合、エコキュートがお得!

エコキュートは初期費用が高いものの、毎月の光熱費を抑えることができます。

エコキュートは家電量販店で50~70万円ほどで販売されています。
最近は月3000円~5000円ほどの分割支払いができるため
初期費用も抑えて導入することができます。

横田電設でも、エコキュートの本体・工事費込みで
40万円~45万円ほどでご提供できることが多いです。

※メーカー、機種、時期や在庫状況により異なります。

エコキュートは、空気の圧縮熱を利用してお湯を沸かすため、
ガス給湯器や電気温水器の1/3~1/4ほどの電気代で
お湯を沸かすことができます。

給湯でかかる光熱費は、年間約2万円~3万円ほどです。

また、エコキュートの場合、オール電化契約に切り替えて
安く電気が使える時間帯を有効活用することで家全体の電気代を節約しやすくなります。

  長期的な金額を考えると、エコキュートがお得!

給湯器は、メーカー、使用状況によりことなりますが、
1度交換すると10~15年ほど使うことができます。

例えば、年間8万円かかっている給湯コストを2万円にできた場合、
年間4万円が節約できます。

10年間で40万円、15年間で60万円になります。

そうすると、初期導入費と光熱費を両方合わせて長期的に考えると
エコキュートの方が安くなることが多いです。

※電気料金プランや家庭の使用状況により変わります。

  給湯器と合わせてコンロの交換、電気プランの見直しがオススメ!

ガス給湯器やエコキュートの交換を検討している場合、
合わせてコンロも交換することをオススメしています。

ガス給湯器とガスコンロを使っているご家庭が、エコキュートに交換したいと思った場合、
合わせてIHコンロに交換して、オール電化契約に切り替えることで
より光熱費を抑えることができるからです。

  ガス給湯器の交換や、エコキュート交換のお見積・ご相談は横田電設へどうぞ

ガス給湯器やエコキュートの交換を相談したい方、
電気料金プランの見直しをしたい方は、横田電設へお気軽にご相談ください。

カタログをご持参しての現場調査・お見積り・ご相談は無料です。

LINEやお問合せフォーム、電話よりお気軽にご連絡ください。

お電話:092-938-5326横田電設 お問合せ

スマホの方:下記ボタンから友だち追加してください。

友だち追加

パソコンの方:QRコードを読み取って友だち追加してください。

LINE工事ご相談

※自動返信で来るメールアドレスやLINEメッセージへ、現状のお写真を送ってください。
よりスムーズに状況確認および提案ができます。



インターネットが要らない介護用見守りカメラ【みまもりCUBE】見守り介護カメラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る