ブログ

パナソニックのエコキュートってどう?特徴は?節電に防災に嬉しい機能がいっぱい!

エコキュート パナソニック
エコキュートを設置したい、交換したいと考えている中、どのメーカーにしようか悩む中、真っ先に名前が浮かぶ有名メーカーのひとつが、パナソニックですよね。

家電メーカーの中でも人気の高いパナソニックですが、エコキュートもやはり高機能で人気です。

パナソニックのエコキュートは、「エコナビ」という節電機能で電気代節約に効果的であったり、最新機種のエコキュートでは防災機能として「エマージェンシー湧き上げ」が搭載されていたりとお財布にも防災対策にも安心できるエコキュートを開発しています。また、スマホで外出先からお湯張りできるなど、共働き世帯や忙しい主婦に嬉しい家事時短ができる機能もあります。

今回は、パナソニックのエコキュートの特徴をピックアップしてご紹介しますね。

  パナソニックの最新エコキュートの特徴は「防災に強い」安心なエコキュート!

パナソニックのエコキュートの特徴は、なんといっても「防災に強い」ことではないでしょうか。最新のパナソニックのエコキュートは、防災機能として、停電に備えて自動で湯沸かしする「エマージェンシー湧き上げ」があります。
エマージェンシー
気象警報と連動して、スマホアプリに登録した「大雨」「暴風」「波浪」などの警報に合わせて、停電に備えてお湯を沸かしておく機能が搭載しています。電気が使えなくなって、お湯が沸かせなくなっても、一定量のお湯が使えると思うと安心ですよね。

また、パナソニックのYouTubeチャンネルでは、断水時にタンクの水を生活用水として使う方法や、停電時にお湯を使う方法を動画で紹介しています。

地震などの災害時に、水道や電気などの復旧には時間がかかります。いざという時に、ライフラインが復旧するまで少しの間でもお水やお湯が使えるのはとても心強いですよね!

  パナソニックのエコキュートは節電にも強い!エコナビ機能で最大35%省エネ効果!

 

パナソニックのエコキュートには、エコナビという機能がついています。エコナビとは、パナソニック独自開発の技術で、様々なパナソニック家電に搭載されている省エネ機能です。家電自らが電力の無駄を検出し、使用電力を抑えることで節電できる機能です。家電自ら節電できるなんて、とても賢いですよね!

エコナビは、エコキュートのみではなく、最新家電に搭載されており、エアコンや冷蔵庫、洗濯機など様々な家電に搭載されています。

パナソニックエコキュートのエコナビでは、ひとセンサーという人感センサーが入室を検知し、設定温度まで加熱開始したり、入浴していないときのお風呂の自動保温によるエネルギー消費を抑えたりします。

また、湯温学習制御といい、お湯の冷め方を学習し、浴室不在時の繰り返し湯温チェックをカットしたりもします。

節電したいと思っても、面倒くさいことは長続きしませんよね。エコキュートが自動で節電してくれるのであれば、楽に継続して節電することができますね。

  パナソニックのエコキュートはスマホでお湯張りできる!忙しい方必見の便利アプリ

パナソニックのエコキュートは、専用アプリ「スマホでおふろ」を使って、家の外からでもお湯張りや追い炊きができます。

お子さまのお迎えの帰りにお風呂を沸かしたり、仕事帰りで疲れた帰り道に追い炊きしたりすることができます。家に帰ったらスグ温かいお風呂に入れるのは、時短になって忙しい家庭にはとっても嬉しいですよね!子育てをしたり、介護したり、共働きだったり・・・何かと日々忙しい家庭において、スマホでカンタンにお風呂を沸かせることができるのは、とても魅力的ですよね。

  パナソニックのエコキュートは台所と浴室のリモコン同士で通話ができる!

パナソニックのエコキュートは、台所と浴室のリモコン同士で通話ができるって知ってましたか?浴室から呼び出し音を出す機能は、どのエコキュートや給湯器メーカーのリモコンでもできることが多いですよね。パナソニックのエコキュートでは、お互いに通話することができるんです!
お子様と一緒にお風呂に入っているパパから、ご飯を準備しているママに「お風呂あがるから迎えに来て~」って呼び出すなど、実際に声で話せるのは嬉しいですよね。

パナソニックは、玄関のテレビドアホンなども開発しています。その技術を使って、音声通話ができるのは、とても便利ですよね。

  パナソニックのエコキュートに太陽光パネルを連動すれば、天気に合わせて自動で節電も!

また、パナソニックの太陽光パネルを設置している場合、翌日の天気と連動してエコキュートの湧き上げ量を調整して節電する機能もついています。太陽光発電で自家発電して、その電気を使ってエコキュートでお湯を沸かせば、電力会社から電気を買う量が減り、光熱費を下げることができます。自動でカンタンに光熱費を節約できるのは、とても便利ですよね。

また、エコキュートや太陽光パネルと合わせて、蓄電池を合わせて設置することもオススメです。蓄電池を設置することで、太陽光パネルで作った電気を、自宅で無駄なく使うことができます。電力会社へ売電する単価が毎年下がっているので、売電するより家で使って電気を買わないで良くなれば、結果的に電気代を節約できるようになりますよね。

  パナソニックのエコキュートの電気代はいくらくらい?気になるランニングコストが知りたい!

パナソニックのエコキュートを使った場合、電気代はいくらくらいになるのでしょうか。九州電力エリアの場合で、電化デナイトセレクトというオール電化契約の場合ですと、給湯にかかるランニングコストは毎月約1500円だそうです。
パナソニックエコキュート電気代ガス給湯器と比較すると、5分の1のランニングコストになるのは魅力的ですね。パナソニックのオフィシャルサイトに、各地域の電力会社ごとに目安のランニングコストがのっています。実際の電気料金は使用状況により変わりますが、エコキュートの電気代はいくらなのか知る目安として参考にするといいですね。

参考:パナソニック オフィシャルサイト
https://sumai.panasonic.jp/hp/2point/2_3.html

  エコキュートを設置したい、交換したい、工事のご相談は横田電設へお気軽にどうぞ

横田電設では、戸建て住宅や分譲マンションのエコキュート設置工事や交換工事を行っています。どのメーカーが良いか、どんな機種が良いか、家族構成やご要望に合わせてご提案いたします。

実際の料金については、一度現場調査後、お見積りをさせていただきます。お気軽にお電話またはお問合せフォームよりご相談ください。

お電話:092-938-5326

横田電設 お問合せ

※自動返信で来るメールアドレスへ、現在のお風呂の給湯器の設置状況などを写真でお送りいただくと、よりスムーズに状況確認および提案ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る